名古屋地区 エジプト関連 展覧会・講座・講演会など 

                                                               ホームに戻る ▲


新)話してみよう、アラビア語  NHK名古屋文化センター

京都ノートルダム女子大学 教授 鷲見 朗子

アラビア語は、西南アジア、北アフリカを中心に20をこえる国と地域で話されている、世界の主要言語の1つです。国連の公用語にも指定されており、世界人口の約5分の1が信徒でもあるイスラーム教の言語でもあります。そんなアラビア語の文字を書き、簡単な会話を楽しみなが...

2019/07/112019/09/19

記事へのリンク



【8月単発】完璧だけど・・・完璧じゃなかったピラミッド!


2019年8月3日 NHK名古屋文化センター

エジプト考古学者・名古屋大学高等研究院准教授  河江 肖剰

精確に東西南北に向いている四面。カミソリ一枚も入らない石と石の接合部。一般的に、ピラミッドは全てが完璧で、欠陥などない驚異の古代建造物だと考えられています。しかし実際には、いいかげんな作りや失敗してしまったところがたくさんあります。そこには古代エジプト人の飽くなき挑戦と、失敗を寛容する思想があります。この講演では、トライ・アンド・エラーの人間くさい古代エジプトに焦点を当てて語ります

記事へのリンク



古代エジプト史 〜歴史から消えた王 ツタンカーメンとアマルナの王たち〜


3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は新王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)

開催日 曜日・時間 講師 テーマ・ガイド
7月8日 月曜日

午前10時30分

正午
中部大学
サテライトカレッジ講師
野中 亜紀 
歴史から消えた王 アクエンアテン:
彼の行った政策はどのような影響をあたえたのでしょうか?それまでの古代エジプトの歴史と神々の世界と共にご紹介いたします。
7月22日 歴史から消えた美女 ネフェルティティ:
異端の王とされるアクエンアテンの妻ネフェルティティ。片目の胸像が持つ意味とは?
7月29日 歴史から消えた王たち:
アクエンアテンの死後ツタンカーメンが即位するまでに登場するアマルナ一族の人々をみていきましょう。
8月5日 歴史から消えた王 ツタンカーメン(1):
少年王ツタンカーメンが即位をした背景には様々な出来事がありました。少年王の死の背後には何があったのでしょうか?
8月26日 歴史から消えた王 ツタンカーメン(2):
20世紀の大発見といわれたツタンカーメン王墓の発見。
墓に隠された財宝とその秘密に迫ります。
9月2日 歴史から消えた王 ツタンカーメン(3):
墓の財宝の中にはある「楽器」がありました。3000年の時を経た「音」をご一緒に考えましょう。



古代エジプト王朝史@ 朝日カルチャーセンター名古屋

講師   河江 肖剰(名古屋大高等研究院准教授) 

日時   2019/6/2 日曜 15:45-17:15 

受講料  1  会員 3,456 一般 3,456

3000年の歴史を誇る古代エジプトの歴史は、絶え間なく続く発掘や様々な研究調査によって、更新され続けています。この講演では、最新情報を織り交ぜながら、エジプト文明開闢以前の先王朝時代から、ピラミッドが造営された古王国時代、そして混乱期として知られる第一中間期までのおおよそ1000年の歴史について紹介します。(講師記

記事へのリンク

   


2019年度  中日文化センター講座

4月から始まる4ヵ月(4回)講座

古代エジプト・ファラオの足跡をたずねて

講師:中部大学教授中野智章


人類が生みだした史上最長の文明とされるエジプト。
政情が流動化する今日も、研究は常に進展しています。
今回は黄金のマスクで有名なツタンカーメン王にまつわる謎のかずかずを、文字や建設。図像や彫刻などから読み解きます。

4月27日 大量の副葬品は何を物語るか : ツタンカーメン
5月25日 なぜ正体が不明なのか : スメンクカーラー
6月22日 壁画に描かれたカバ狩りの意味 ; アイ
7月27日 サッカラとテーベ双方の墓 : ホルエムへプ


古代エジプト史 〜最後の女王クレオパトラの真実〜

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は末期王朝時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)

開催日 曜日・時間 講師 テーマ・ガイド
4月8日 月曜日

午前10時30分

正午
中部大学
非常勤講師
野中 亜紀 
プトレマイオス朝の誕生:
女王クレオパトラを生み出した古代エジプト最後の王朝をみていきましょう。
4月15日 「ロゼッタストーン」の登場:
大英博物館の目玉!ロゼッタストーンの登場です。ヒエログリフ解読の歴史もご紹介いたします。皆さんも自分の名前をヒエログリフで書いてみましょう。
4月22日 クレオパトラは何人?:
古代エジプトにクレオパトラは何人存在するのでしょうか?歴史と共にみていきましょう。
5月20日 混乱するアレキサンドリア:
女王クレオパトラが登場するまでの歴史、政治的陰謀と愛が渦巻く古代エジプト宮廷をご紹介します。
5月27日 女王クレオパトラの真実(1):
女王クレオパトラの生涯と古代エジプトの終焉をみていきましょう。
6月3日 女王クレオパトラの真実(2):
絶世の美女と名高いクレオパトラ、題材としたオペラをご紹介しながら女王の謎に迫ります。

講演会 古代エジプトの「匂い」

;Smellscapes in Ancient Egypt"
平成31年118日(金)17:00~18:30、名古屋大学高等研究院理学部B5F


A1 古代エジプト史 アレクサンダー大王の世界 

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は末期王朝を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)

開催日 曜日・時間 講師 テーマ・ガイド
1月21日 月曜日

午前10時30分

正午
中部大学
非常勤講師
野中 亜紀 
復活したエジプトの繁栄:
古代のリバイバル品が大流行?当時のエジプト美術を紹介しながら歴史を紐解きます。
1月28日 新バビロニア帝国との攻防:
西アジアに台頭してきた新バビロニアと、古代エジプトのネコ王との大奮闘をみていきましょう。
2月25日 ヘロドトスの語るエジプト:
ギリシャの歴史家ヘロドトスによる、エジプトの歴史を学びましょう。
3月4日 ペルシャとエジプト:
ペルシャの支配、そして古代エジプト土着王朝の終焉をみていきましょう。
3月11日 アレクサンダー大王の世界(1):
エジプトに現れた救世主アレクサンダー大王、どのような人物だったのでしょうか?
3月18日 アレクサンダー大王の世界(2):
アレクサンダー大王の生涯は様々な戦いに満ちていました。アレクサンダー大王がどのような戦いをしたか、エジプトの歴史とともにみていきましょう。



【新設】
古代都市シリーズ ピラミッドタウンと最古のパピルス


名古屋朝日カルチャーセンター  平成30年12月23日


名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員 河江 肖剰

これまで謎の象徴であったエジプトのギザの三大ピラミッドは、近年、大きく変わりつつあります。古代都市『ピラミッド・タウン』の発掘調査や、建設当時の日誌が書かれたパピルスの発見により、4500年前のこの巨石建造プロジェクトが非常に「人間くさい」ものであることが分かってきました。ピラミッド研究の第一線で働く講師が、最新発掘調査の成果も交えてお話します。 (講師記)



2018年度  中日文化センター講座

10月から始まる4ヵ月(3回)講座

古代エジプト・ファラオの足跡をたずねて

講師:中部大学教授中野智章


人類が生みだした史上最長の文明とされるエジプト。
政情が流動化する今日も、研究は常に進展しています。
今回は黄金のマスクで有名なツタンカーメン王にまつわる謎のかずかずを、生まれ育った幻の都アマルナやエジプト3大美女の一人である義母ネフェルティティ、王墓の構造や副葬品などから読み解きます。



中部大学  2018年度秋講座・サテライトカレッジ

A1 古代エジプト史 旧約聖書とブラックファラオの世界 

   中部大学  サテライトカレッジ講師  野中 亜紀


3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は第三中間期を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)

開催日 テーマ・ガイド
10月1日 黄金のマスクのファラオ:
エジプトで唯一盗掘をまぬがれたファラオの墓、黄金のマスクとともにみていきましょう。
10月15日 旧約聖書の中のエジプト(1):
イスラエル王国のダビデやソロモン。エジプト王を探りながら当時の歴史を紐解きます。
11月5日 旧約聖書の中のエジプト(2):
聖地エルサレムに迫る王、ソロモンの財宝、動乱のエジプトを追います。
11月12日 ブラックファラオの誕生:
第25王朝のブラックファラオたち、碑文を読むと見えてくるのは彼らの馬に対する愛情でした。
11月26日 大帝国アッシリアとの戦い:
テーベに迫るアッシリア王と、エジプト王タハルカの攻防を見ていきましょう。
12月3日 古代エジプト世界の音楽:
古代エジプトを題材とした音楽をご紹介いたします。


中部大学  2018年度夏講座・サテライトカレッジ

A1 古代エジプト史 出エジプト記と最後のラムセス大王 〜ミイラから紐解く歴史〜 

  中部大学  サテライトカレッジ講師  野中 亜紀

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は新王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)

開催日 テーマ・ガイド
7月2日 出エジプト記とミイラ(1):
出エジプトが起こった時代とは?その歴史をひも解きましょう。
7月9日 出エジプト記とミイラ(2):
紅海の手前までヘブライ人を追い詰めたファラオとは誰なのか。ファラオ達のミイラをみてみましょう。
7月23日 最後のラムセス大王の誕生:
最後のラムセス大王が即位をします。ファラオ達のミイラを探り、即位までの道のりをみてみましょう。
7月30日 エジプトの危機!「海の民の襲来」:
恐るべき侵略者「海の民」。動乱の時代が始まってしまうのか!?
その時、王が取った行動とは?
8月6日 叫ぶミイラ 後宮に渦巻く陰謀:
この時代は王の暗殺未遂事件など様々な事件が起こります。
叫ぶミイラの秘密を探りましょう。
8月20日 大スキャンダル!?王墓をあらす墓泥棒達:
「墓泥棒パピルス」を通して、ラムセス朝最後の歴史をみていきましょう。


新設 古代都市シリーズ 完璧じゃなかったピラミッド

名古屋朝日カルチャーセンター  平成30年6月24日

名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員 河江 肖剰

精確に東西南北に向いている四面。カミソリ一枚も入らない石と石の接合部。一般的に、ピラミッドは全てが完璧で、欠陥などない驚異の古代建造物だと考えられています。しかし実際には、いいかげんな作りや失敗してしまったところがたくさんあります。そこには古代エジプト人の飽くなき挑戦と失敗を寛容する思想があります。この講演では、トライ・アンド・エラーの人間くさいピラミッドに焦点を当てて語ります。(講師記)


  2018年度  中日文化センター講座

古代エジプト・ファラオの足跡をたずねて  中部大学教授 中野智章

4月28日 ハトシェプスト女王とのかかわり : トトメス3世
5月26日 王たちのミイラが納められた理由 : アメンホテプ2世
6月23日 ギザのスフィンクスと夢の碑文 : トトメス4世
7月28日 メムノンの巨像が意味するもの : アメンホテプ3世


中部大学  2018年度春講座・サテライトカレッジ

古代エジプト史 〜最強の王ラムセス大王、その壮大な世界〜 

  中部大学  サテライトカレッジ講師  野中 亜紀   

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は新王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。 (監修:中部大学教授 中野智章)

開催日
4月9日 建築王としてのラムセス大王(1):
古代エジプト史に名を馳せるラムセス大王の葬祭殿、ラメセウムをご紹介いたします。
4月16日 建築王としてのラムセス大王(2):
長きにわたり砂に埋もれていた、アブシンベル大神殿。神殿に隠された仕掛け、1年に2度起こる奇跡とは?
4月23日 戦士としてのラムセス大王:
エジプト王国とヒッタイト帝国がオロンテス河畔で戦ったカディシュの戦い。戦いの最中、ラムセス大王はピンチに陥ったといいます。果たして王は戦場でどうなってしまったのでしょうか。
5月7日 ラムセス大王のミイラと墓の謎:
最強の王にも最期は訪れます、その治世は大変長いものでした。大王の死にひそむ謎を見ていきましょう。
5月14日 100以上の墓室!?KV5:
王家の谷に存在する墓の中では最大の規模を誇るKV5。ラムセス大王の息子たちの墓でした。大王には数多くの息子がいたのです。
6月4日 オペラにみるエジプトの世界:
音楽にはエジプトを題材にしたものが数多くあります。古代エジプトを舞台にしたオペラをご紹介いたします。

宇宙線で探るピラミッド  平成30年4月22日

クフ王のピラミッド内部におけ新空間の発見
 

名古屋大学高等研究院特任助手 森島邦博

   栄中日文化センター

宇宙線を利用して巨大な物体の内部を可視化する新しい技術によりクフ王のピラミッド(エジプト)の内部に未知の空間を発見しました。この講座では、この研究の最前線に加えて多分野への応用についてご紹介します


「音に集う会Vol. 4」レクチャーコンサート「エジプト」 〜西洋音楽で巡る古代エジプトの世界〜

中部支部主催演奏会「音に集う会Vol. 4」
レクチャーコンサート「エジプト」 〜西洋音楽で巡る古代エジプトの世界〜

日時:2018年3月22日(木)18:00開演(17:30開場)
場所:カワイ名古屋2F コンサートサロン「ブーレ」  入場料:全自由席 2,000円

出演者:♪野中亜紀 音楽学/58期(院26期) 
    ♪豊永 歩  Violin/59期
    ♪青木美沙季 Soprano/60期 大学院在籍中
    ♪林 美咲  Piano/61期 大学院在籍中   

曲目:
ヴェルディ オペラ「アイーダ」より凱旋行進曲
マスネ 歌劇「タイス」より第二幕 瞑想曲
パガニーニ ロッシーニの「モーゼ」の主題によるG線上の変奏曲
ヘンデル 歌劇「ジュリアス・シーザー」より “この胸に息がある限り”
ラモ― エジプトの女     他     記事 へのリンク

主催:真声会中部支部    後援:真声会 カワイ名古屋


特設サイトトップボストン美術館の至宝展

関連イベント

「古代エジプトとヌビアの秘宝」
2018年414日(土) 14:0015:30
村治 笙子氏(古代エジプト壁画研究家
)   名古屋都市センター 11階ホール


中部大学  2017年度冬講座・サテライトカレッジ

古代エジプト史 〜少年王ツタンカーメンの死をめぐる秘密〜

中部大学  サテライトカレッジ講師  野中 亜紀

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は新王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)

1月29日 少年王ツタンカーメンの死をめぐる秘密(1):
少年王ツタンカーメンが即位をした背景には様々な出来事がありました。少年王の死の背後には何があったのでしょうか?
2月5日 少年王ツタンカーメンの死をめぐる秘密(2):
20世紀の大発見といわれたツタンカーメン王墓の発見。
お墓に隠された財宝とその秘密に迫ります。
2月19日 少年王ツタンカーメンの死をめぐる秘密(3):
お墓の財宝の中にはある「楽器」がありました。3000年の時を経た「音」をご一緒に考えましょう。
2月26日 王家の谷 隠された秘宝、隠された王墓地:
ツタンカーメンをはじめ歴代の王の墓がある「王家の谷」。王の安息の眠りのため様々な工夫がなされました。歴史と共に紐解きましょう。
3月5日 伝説の大王の誕生:
古代エジプト史に残る伝説の大王が誕生します。その治世は60年以上、建築王として数多くの建物を残し、勇敢な戦士として他の地まで名を馳せた大王。新しい時代の幕開けです。
3月12日 オペラにみるエジプトの世界:
音楽にはエジプトを題材にしたものが数多くあります。古代エジプトを舞台にしたオペラをご紹介いたします。

新設  古代都市シリーズ ピラミッドの港湾都市
朝日カルチャーセンター 名古屋  平成29年12月10日

名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員 河江 肖剰

かつて古代エジプトでは、ナイル川を挟んで東に生きている人の町があり、西には死者の町である墓地があると言われていました。しかしここ四半世紀の発掘調査によって、4500年前のエジプトでは、ピラミッドのすぐ側に町があり、ピラミッド建造を中心に栄えてきたことが明らかになっています。この町は、現在と見まごうような消費社会であり、そこでは豊かな生活が営まれ、さらに古代世界最大の港湾都市として栄えてきたことも分かりつつあります。講演では、筆者が関わるこの『ピラミッド・タウン』の発掘について、最新情報を含め、語っていきます。


  2017年度  中日文化センター講座

   古代エジプト・ファラオの足跡をたずねて  中部大学教授 中野智章

人類が生み出した史上最長の文明とされるエジプト。政情が流動化する今日も、研究は常に進展しています。今回はエジプト史上最大の国家へと発展した新王国時代の前半を、首都テーベの変化から読み解きます。
10月から始まる4ヵ月講座です

日程 / カリキュラム
2017/10/21(土)
2017/11/25(土) アメンヘテプ 1世
2017/12/23(土) 大規模な建築事業のはじまり:トトメス1世
            1、王家の谷に築かれた王墓 ●確認されている初の王墓●二つの墓の謎●棺と装飾
            2、カルナック神殿の建設●建築家イネニ●新たな建築要素の追加●中王国時代との差
            3、ピラミッド時代から神殿の時代へ●アポット・パピルスの記述●葬祭殿の存在●ハトシェプスト女王とのつながり
2018/ 1/27(土) ミイラの発見が語る新事実:ハトシェプスト女王
            1、古代エジプト史上に残るファラオ、ハトシェプスト
            2、ミイラの発見が語る新事実
            3、ハトシェプストはどのように王権を示したか

  2017年度秋講座     中部大学 秋の公開講座のご案内

 古代エジプト史 −権力と愛に生きた女王ハトシェプストの真実−     

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は新王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。(監修:中部大学教授 中野智章)

中部大学    サテライトカレッジ講師     野中 亜紀

開催日 テーマ・ガイド
10月2日 新王国時代の幕開け:黄金の時代、新王国時代の幕開けです。黄金時代の壮麗さをしめす「アメン・ラー」の総本山、テーベのアメン大神殿の世界をご紹介します。五感で古代エジプトの神殿を感じましょう。
10月16日 権力と愛に生きた女王ハトシェプスト(1):女性でありながら自らを王であると宣言したハトシェプスト。男装の女王は何を思って人々の前に立っていたのでしょうか?
10月23日 権力と愛に生きた女王ハトシェプスト(2):一大葬祭殿を築いたハトシェプスト。彼女をとりまく人々、華麗な女王の最後の時を見ていきましょう。
11月6日 古代エジプトのナポレオン 戦士としての王:古代エジプトのナポレオンと呼ばれたトトメス3世。鉄を持つヒッタイト、騎馬隊を持つミタンニ、オリエントの世界で生き残るため、戦士として王は立ち上がります。
11月20日 やってきた美しい人 ネフェルティティの胸像:異端の王とされるアクエンアテン。彼の行った政策はどのような影響をあたえたのでしょうか?片目の胸像が持つ意味とは?
11月27日 古代エジプトが舞台のオペラ:古代エジプトが舞台のオペラを、演奏と古代エジプトの歴史を交えてご紹介いたします。

  2017年度夏講座     中部大学 夏の公開講座のご案内

 古代エジプト史 −異民族ヒクソスとの戦い−     

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は中間期と中王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)  

中部大学    サテライトカレッジ講師     野中 亜紀

開催日 テーマ・ガイド
6月26日 アニメのような絵画:
ピラミッド時代の崩壊は、国と人々に何をもたらしたのでしょうか。歴史を追いながら見ていきましょう。
7月3日 戦国時代の到来:
「王であっても誤りは犯す」「上司には逆らうな」「妻には逆らうな」教訓文学を読み解きながら、第一中間期がどのようなものであったのかを探ります。
7月10日 移り変わる王たち。陰謀に消えた王:
中王国時代には様々な王が登場します。「誰も信用してはならない」王である父が息子に教えを残したその背後にはどのような事件があったのでしょう。
7月31日 文学作品とヒエログリフ:
中王国時代には様々な文学が作られました。「書記はどんな職業よりも偉大である」息子をどうしても書記にしたい…父は奮闘します。古代エジプトのミリオンセラー小説、パピルスなどをご紹介いたします。
8月7日 異民族ヒクソスとの戦い(1):
アジア系異民族「ヒクソス」が登場します。様々な新しい武器を持っている民族に、エジプト人達はどう立ち向かうのでしょうか?
8月21日 異民族ヒクソスとの戦い(2):
「カバの鳴き声がうるさい」テーベを支配するエジプト王のところに、ある苦情が来たことにより戦いは始まりました。

  2017年度春講座     中部大学 春の公開講座のご案内

  古代エジプト史 −ピラミッドに隠された真実−     

3000年の長きにおよんだ古代エジプト文明。ピラミッドや神殿、象形文字といったトピックに加え、音楽を通じてその悠久の歴史にふれていきます。 今回は初期王朝と古王国時代を舞台とし、有名な数々の遺跡をご紹介しながら古代エジプトの世界へ皆さんをお誘いします。
(監修:中部大学教授 中野智章)  

中部大学    サテライトカレッジ講師     野中 亜紀

開催日 テーマ・ガイド
4月10日 古代エジプトの世界:
古代エジプトの人々はどのようなところに住んでいたのでしょうか?自然や地理、遺跡を見ていきましょう。
4月17日 意外と日本と似ている?古代エジプトの神々:
古代エジプトの神々と神話を通しながら、文明の始まりを紐解きましょう。
4月24日 なまず王ナルメルの登場:
ナルメル王のパレット(石板)から古代エジプト初期国家の様子を見てみましょう。
5月8日 様々な種類のピラミッド:
クフ王の大ピラミッドができるまでの歴史を、いろいろな種類のピラミッドを紹介しながら見ていきます。
5月15日 ピラミッドに隠された真実:
クフ王の大ピラミッドの登場です。ピラミッドはなぜ、どのようにつくられたのか?ピラミッドの謎に迫ります。
5月22日 古代エジプトの音楽:
ピラミッドの周りには「マスタバ」と呼ばれる墓が立ち並んでいます。壁画に描かれた「音」をご紹介しましょう。

【新設】エジプト研究最前線―ミイラのない棺

名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員 河江 肖剰

昨年から、ギザの大ピラミッドに「未知の空間」があることが最新科学調査によって指摘されています。一部では、クフ王の本当の玄室があるのではないかという話しもでていますが、中には何もないかもしれません。これまで見つかった古王国時代の王や王妃の墓には、封印の解かれていない棺もありましたが、中を開けると不思議なことに空っぽでした。この講演では、これまで見つかった王族の棺やミイラなどから、当時の王族の埋葬について語りたいと思います

 名古屋朝日カルチャー     2017年 5月28日


2016年度夏季企画展〜考古学調査展示

「エジプトの沙漠からオロンテス河畔まで 中部大学の教員が関わるエジプト、シリアにおける考古学調査」 

2016年7月4日(月曜日)〜8月7日(日曜日)
会場:中部大学民族資料博物館 (入場無料) 開館時間:平日 9時30分〜16時30分

協力:公益財団法人 古代オリエント博物館
※7月9日(土曜日)、8月6日(土曜日)、8月7日(日曜日)は、大学催事のため開館します。(〜15時まで)

本学で教鞭を執る考古学者が参加した、エジプトとシリアの海外調査に関連する出土資料や写真を展示、解説します。
今回の展示には、東京の古代オリエント博物館の御協力を得て、貴重な関連の実物資料を御紹介します。
展示期間中は、企画の教員によるギャラリートークを2回にわたって行います。
また、大学の夏のオープンキャンパス開催日には特別開館します。お気軽にお立ち寄りください。

展示関連ギャラリートーク (入場無料・申込み不要) 場所:民族資料博物館 展示室

◇第一回:2016年7月12日(火曜日)13時〜
内容: テル・マストゥーマ遺跡の発掘調査を中心にシリアでの考古学調査について
講師: 西山伸一准教授(人文学部共通教育科、民族資料博物館運営委員)

◇第二回:2016年8月2日(火曜日)13時〜
内容: アル・ザヤーン神殿の発掘調査を中心にエジプトでの考古学調査について
講師: 中野智章教授(国際関係学部、民族資料博物館運営委員)


東日新聞

「ASUMIRU」講演会   2016/05/10

考古学者の河江氏講師に招く/小坂井高校

 小坂井高校(豊川市小坂井町、中村勝英校長)は9日、考古学者の河江肖剰(ゆきのり)さん(43)を招いて「ASUMIRU(あすみる)講演会」を開いた。エジプトでピラミッドなどの研究を続ける河江さんは、全校生徒約920人に向けて考古学の魅力など


大エジプト・柄・展          時を超える驚異の昭和ノスタルジック・エジプト柄コレクション

平成27年7月4日〜9月23日      北名古屋市歴史民俗資料館

「古代エジプトの王・神・人と暮らし」

神秘的な魅力に満ちた古代エジプト文明。この講座では、古代エジプト文明を王、神、人という3つの視点から探り、その実像に迫ります。

@7月25日(土) 「古代エジプトの住宅事情」
 講師:伊藤明良(北名古屋市歴史民俗資料館学芸員)
A8月 1日(土) 「エジプト柄からさぐるピラミッドのなぞ」
 講師:中野智章氏(中部大学准教授)
B8月 8日(土) 「古代エジプト人が愛した神々−その姿と彩り―」
 講師:田澤恵子氏(古代オリエント博物館研究員)



2014年12月20日  朝日カルチャー名古屋


 講演 「エジプト文明からみた地球環境」

環境月間県民のつどい   環境保全関係功労者表彰式

講師:吉村作治   平成24年6月11日   場所:愛知県女性総合センター


  ツタンカーメンの秘宝を読み解く     中日文化センター

  4月 7日 ツタンカーメンの生涯となぞのかずかず
  5月12日 副葬品と碑文の配置を読み解く
  6月 2日 さまざまな人物像は何を表しているか
  7月 7日 秘宝のデザインご物語るものとは

    講師  中部大学准教授  中野智章   平成24年4月 〜7月


 京都大学の古代エジプト展を愉しむ    中日文化センター

    平成23年  10月8日、11月5日、12月3日

    講師   中部大学准教授  京都大学総合博物館研究協力員 中野智章


 特別講座      パンとビールの国・古代エジプトを味わう

 古代エジプトにおけるパンやビールについて、復刻版を味わいながらお話を伺います。

  平成23年7月9日(土)17:30〜19:00    中日文化センター


ヒエログリフを読み解く   〜新王国時代の王墓に描かれた碑文〜  中日文化センター

好評を頂いている古代エジプトの象形文字、ヒエログリフ講座の続編です。

初めて習う方にも分かりやすいよう、文法事項の紹介を随所に盛り込みながら、今回は古代エジプト文明が軍事大国として最後の輝きを放った新王国時代の後半を取り扱います。平成23年4月から始まる4カ月講座です。

4月9日 冥界の書「アムドウアト」とは:トトメス3世王墓
5月7日 ツタンカーメン王墓とのちがい:ホルヘムヘプ王墓
6月4日 ベルツオーニが見つけた最大の墓:セテイ1世王墓
7月9日 女神ヌウトの流麗な天井画:ラメセス6世王墓

講師  中部大学准教授  中野智章   平成23年4月 〜7月


古代エジプト トリックアート展 

平成23年 3月26日(土)〜 5月8日(日) 料金/大人:700円・子供:500円

話題のトリックアートがモレラ岐阜にやってくる!!

トリックアートとは…
人の目の錯覚をたくみに利用した、見て・触れて・驚いて、楽しめる新感覚絵画のことです。鑑賞するだけではもったいない!
ポーズをとって、不思議な古代エジプトの世界でおもしろ写真を撮ろう!


  世界遺産を旅しよう       〜アフリカ大陸編〜     中日文化センター

 10月18日 {エジプト・アラブ共和国 @}
古代エジプトの首都メンフィス、そしてギザ、サッカラなどの近代都市には権力の証としてピラミッド群が築かれました。またエジプト南部にあるアブ・シンベル大神殿は、ラムセス2世がエジプトの権力をヌビアに示すために作らせた大建造物です。「ピラミッド」と「大神殿」、2つの世界遺産を紹介します。

 11月15日 {エジプト・アラブ共和国 A}
イスラムの歴代王朝がいくつものモスクを築き、約1000のミナレット(塔)が立ち並ぶ町となったカイロは世界遺産に登録されています。またカイロ市内にある「エジプト考古学博物館」には古代エジプトの至宝が展示され、中でもツタンカーメン王の墓からの発掘品には世界中からの注目が集まっています。カイロの町の魅力をお話します。

 12月20日 {大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国}

  1月17日 {チュニジア共和国}

  2月21日 {アルジェリア民主人民共和国}

  3月14日 {モロッコ王国}

  講師:旅行アドバイザー 白川有里   開講日:月1回月曜日    平成22年10月〜3月


 ヒエログリフを読み解く   〜軍事大国エジプト最後の輝き〜  中日文化センター

好評を頂いている古代エジプトの象形文字、ヒエログリフ講座の続編です。

初めて習う方にも分かりやすいよう、文法事項の紹介を随所に盛り込みながら、今回は古代エジプト文明が軍事大国として最後の輝きを放った新王国時代の後半を取り扱います。平成22年10月から始まる4カ月講座です。

10月 2日 才シリス信仰の復活:セティ1世葬祭殿の儀礼碑文
11月13日 宗教都市テーベの完成:ラメセス2世の大型家族墓
12月18日 イスラエル民族の登場:メルエンプタハの戦勝賛歌
 1月29日 海の民の侵入:メディネト・ハブ葬祭殿の大レリーフ

講師  古代オリエント博物館研究員  中野智章   平成22年10月 〜23年1月


  ヒエログリフを読み解く     〜古代エジプトの黄金時代〜  中日文化センター

好評を頂いている古代エジプトの象形文字、ヒエログリフ講座の続編です。

初めて習う方にも分かりやすいよう、文法事項の紹介を随所に盛り込みながら、今回は古代工ジプト文明が黄金期を迎えた新王国時代の半ばを取り扱います。平成22年4月から始まる5カ月講座です。

4月24日 スフィンクスの復活:新王国の王たちが奉献した碑文
5月29日 杜麗な貴族墓の壁画:装飾芸術の最盛期へ
6月 5日 記念スカラベの世界観:強大な王アメンヘテプ3世
7月 3日 アマルナが目指したもの:カルナックに残る太陽神殿
8月 7日 王墓や副葬品のなぞ:ツタンカーメン王墓の意味

講師  古代オリエント博物館研究員  中野智章   平成22年4月 〜8月


  世界の神話への誘い    日本、エジプト、ギリシャなど    中日文化センター

    平成21年10月〜平成22年3月        講師:岐阜大学教授  小澤克彦

 10月17日 日本民間の神々
 11月21日 大和朝廷の「古事記」の神々
 12月19日 エジプトの神々の様々な姿
  1月16日 北欧の神々黄昏の物語
  2月20日 ギリシャの神々の人間的物語
  3月20日 ギリシャ「英雄伝説」


 駐日エジプト・アラブ共和国特命全権大使講演会

 「2009日本におけるエジプト観光振興年」にあたり、エジプトと特に中部・東海地域との文化交流発展のため、ワリード アブデルナーセル駐日エジプト・アラブ共和国特命全権大使が「厳しい世界情勢におけるエジプト人と日本人の協力関係」をテーマに講演いたします。講演の後は中東舞踏(シャルク シャルキ)をお楽しみいただきます。魅力あるエジプト文化に触れてみませんか。

■日時:2009年11月17日(火)・16:00 - 17:30
■場所:セントレアホール
■テーマ:「厳しい世界情勢におけるエジプト人と日本人の協力関係」
■講演者:ワリード アブデルナーセル駐日エジプト・アラブ共和国特命全権大使


 ヒエログリフを読み解く   〜 古代エジプト帝国の完成に向けて 〜   中日文化センター

11月14日 第18王朝の幕開け:アメンヘテプ1世の新葬祭建築  12月26日 軍人王の登場:トトメスによるミタンニ王国への侵攻
1月23日 黄金へのこだわり:トトメス2世のヌビア遠征      2月 6日 巨大な女王:ハトシェプストはいかにして王となったのか
3月 6日 エジプト帝国の誕生:トトメス3世の巧みな軍事戦略

講師  古代オリエント博物館研究員  中野智章   21年11月 〜3月


「The Anciennt Music  〜 古代エジプトの音楽 〜 」 壁画に描かれてる音って?

音楽学に興味があるけど、よくわからない ・・・  エジプトが好き!  古代エジプトの音楽を知りたい!

平成21年10月31日(土)  野中亜紀 (音楽学3年)  愛知県立芸術大学音楽棟内 大演奏室


第73回 新制作展    エジプトの絵画を描かれている、広島在住の木下和先生が出品されている展覧会をご案内します。

【名古屋展】
展覧会URL http://www.aac.pref.aichi.jp/index.html     会 期:平成21年11月10日(火)〜11月15日(日) 
会 場:愛知県芸術文化センター8階ギャラリー         時 間:10:00〜18:00(入場17:30まで)
休館日:月曜日(祝日または振替休日の場合は開館、その翌平日休館)   入場料:一般 800円、高大生 600円、小中生 無料


海のエジプト展  海底からよみがえる古代都市アレクサンドリアの至宝   朝日カルチャーセンター

平成21年8月6日 木曜日 10:00 〜 12:00  講師 早稲田大学文学学術院教授  近藤二郎


イスラム芸術  アラビア語書道に挑戦!        講師 日本アラビア書道協会事務局長  山岡幸一

平成21年7月から6ヶ月講座    中日文化センター


ヒエログリフを読み解く 異民族ヒクソスの侵入から黄金時代の幕開けへ   中日文化センター

5月16日 ヒクソスとは何者か:スカラべに秘められたさまざまの謎  6月 6日 カルナック神殿の発達:ヒクソスを撃退した王の碑文
7月 4日 葬祭儀礼の変化:人形棺やシャブテイはなぜ登場したか  8月 1日地方豪族の伝記碑文:対ヒクソス戦争の記憶
9月 5日 新王国時代の幕開けへ:明らかになるクレタ文明との関係

講師  古代オリエント博物館研究員  中野智章   21年5月 〜 9月


民音創立45周年記念/シルクロード音楽の旅 青年アレクサンダー大王の道 ギリシャ、エジプト、ウズベキスタン

 平成21年5月26日(火)  中京大学市民会館  オーロラホール


名古屋商業フェスタ 2009    平成21年4月7日(火)から13日(月)までの7日間

  参加店において、2,000円お買い上げごとに、ラッキーカード(抽選券)1枚を進呈し、抽選により、豪華景品をプレゼント!

        特  賞       悠久の歴史を訪ねる 古代神秘エジプト6日間の旅ご招待    60本  


  講座名:「特別講座 アラビア書道を体験しよう

  アラビア書道の体験講座


日時:平成21年1月15日(木)10:00〜12:00
場所:栄中日文化センター
  名古屋市中区栄4−1−1中日ビル

 ピラミッドや人 エジプトの記録  中日ビルで写真展

中日旅行会が募集したツアー「エジプト写真の旅」の参加者らによる作品展が、中区栄四の中日ビル二階タウンギャラリーで開かれている。

    平成21年1月23日まで


 ヒエログリフを読み解く  宗教観の変化に見る古代エジプト人のこころ   中日文化センター

11月 1日 ピラミッドから神殿へ 〜 文字はどのように変化したか  12月 6日 さまざまな彫像 〜 神殿に置かれた像には何が
 1月31日 アドビス詣での流行 〜 石碑から知るオシリス信仰の広がり 2月 7日 ベニ・ハッサンの貴族墓 〜 地方豪族の残した自叙伝
 3月 7日 シヌエの物語と雄弁な農夫の物語 〜 古代エジプト文学の傑作

講師 古代オリエント博物館研究員  中野智章   平成21年11月 〜 3月


ナイルのほとりのヘレニズム文明    講師  名古屋大学大学院教授  周籐芳幸

  平成20年10月2日 〜 12月18日  8回 木曜日 10:00〜12:00

名古屋朝日カルチャーセンター


岐阜市科学館・夏の特別展「ピラミッド・サイエンス」

世界最大級の建造物であるピラミッドは、どのように、どんな目的で建てられたのか、解明されていません。そのピラミッドを中心に、ミイラやツタンカーメンなどについて紹介し、参加体験型の展示により科学的にアプローチします。

■会場:岐阜市科学館(岐阜県岐阜市本荘3456-41 
■会期:平成20年8月31日(日)まで開催

  特別講座    平成21年7月5日、8月2日、9月6日  中日文化センター

イートン・カレッジ ダーラム大学所蔵  古代エジプトの美展を極める

講師 古代オリエント博物館研究員 中野智章


 名古屋松坂屋美術館

2008年 7月26日(土)〜 9月 8日(月)
イートン・カレッジ ダーラム大学所蔵 古代エジプトの美展


 ヒエログリフを読み解く  〜ピラミッドの時代を中心に〜   古代オリエント博物館共同研究員 中野 智章   栄中日文化センター

初めて習う方にもわかりやすいよう、文法事項の紹介を随所に盛り込みながら、古王国時代の墓に記された碑文を読む手ほどきを行います。自らの手で4000年前の古代文字を解読する楽しさを存分に味わってください。平成20年5月から始まる5ヵ月講座です。 第3土曜日 昼 3:30〜5:00 


古代エジプト文明への旅ー悠久の歴史と文化      駒澤大学准教授   大城 道則        栄中日文化センター

約3000年にわたり栄華を極めた古代エジプト文明。未だに発見されていない遺跡や遺物の数々、神々の神話や独特な死生観、墓の内部や神殿に描かれた美しい壁画や謎めいたヒエログラフなど、そのロマンと神秘に満ちた世界は今なお多くの人々を魅了し続けています。最新の遺跡発掘情報などを交え、古代エジプト人の世界に迫ります。         平成20年4月から始まる6ヵ月講座です。   第3土曜日 昼 1:00〜2:30


  学長・吉村先生の公開授業 「エジプト文明と世界遺産」 を実施! 
 
吉村作治学長による公開授業「エジプト文明と世界遺産」を名古屋(3月29日《土》)、新宿(4月7日《月》)で実施します!
 サイバー大学では通常、インターネットを通じて授業を行っていますが、「エジプト文明と世界遺産」は、吉村学長が公開授業用に用意したスペシャル授業です。
         名古屋      日時:平成20年3月29日(土) 14:00〜16:00   会場:ホテルサンルート名古屋 丹頂の間


 古代エジプト文明への旅ー悠久の歴史と文化      駒澤大学准教授   大城 道則        栄中日文化センター

約3000年にわたり栄華を極めた古代エジプト文明。未だに発見されていない遺跡や遺物の数々、神々の神話や独特な死生観、墓の内部や神殿に描かれた美しい壁画や謎めいたヒエログラフなど、そのロマンと神秘に満ちた世界は今なお多くの人々を魅了し続けています。最新の遺跡発掘情報などを交え、古代エジプト人の世界に迫ります。         平成19年10月から始まる6ヵ月講座です。   第3土曜日 昼 1:00〜2:30


 ヒエログリフ入門ー古代エジプトの墓を読み解く    南山大学非常勤講師 中野 智章       栄中日文化センター

3000年に亘った古代エジプト文明には、ヒエログリフと呼ばれる独特の象形文字が存在しました。この文字の文法を分かりやすく紹介しながら、膨大な史料が残る墓の碑文を読む手ほどきをしていきます。     平成19年10月から始まる6ヵ月講座です。  第4金曜日  朝 10:00〜11:30         


 女神から読み解く古代エジプト文明              南山大学非常勤講師 中野 智章         名古屋   朝日カルチャーセンター

多神教で知られる古代エジプト文明には、社会で重要な役割を担った多くの女神が存在しました。この講座では、その中でも特に知られる5柱の女神について紹介し、そこから古代エジプト文明の新たな見方をみなさまに提供します。
    平成19年   10/20、11/10、12/15、1/19、2/16、3/15   土曜日 3:30〜5:00 


 エジプト大使 講演会    2007年8月9日(木)    中部国際空港 セントレアホール

エジプトと日本の文化協力50周年を記念し、駐日エジプト・アラブ共和国特命全権大使ヒシャム・バドル氏の講演会がセントレアホールで開催されます。
両国間の文化交流の歴史を中心に、古代エジプト文明やエジプト観光などをわかり易く解説されます。

【テーマ】 The Egyptian Japanese Relations from Historic and Contemporary Perspectives
          -古代そして現代に至るエジプトと日本の交流とその展望-

【講師】  駐日エジプト・アラブ共和国特命全権大使 ヒシャム バドル氏   主催:エジプト大使館

  ピラミッドとは何か           南山大非常勤講師・中野 智章

古代エジプト文明を代表する巨大建造物ピラミッドは、王の遺体が発見されず、副葬品もほとんど出土しないなど多くの謎に秘められており、その意味についてはこれまで数え切れないほどの説が唱えられてきました。ピラミッドの起源から終焉までを詳しく見ていきながら、ピラミッドとは何だったのかを明らかにしていきます。      平成19年4月7日から 土曜15時半〜17時、     朝日カルチャーセンター柳橋


  ヒエログリフ入門ー古代エジプトの象形文字を読む     南山大学・中部大学講師  中野 智章   栄中日文化センター

3000年に亘った古代エジプト文明には、ヒエログリフと呼ばれる独特の象形文字が存在しました。講座では、この文字の文法を分かりやすく紹介しながら、実際に残っている碑文を読む手ほどきをしていきます。4月から始まる6ヵ月講座です。    平成19年前期 第4金曜日  朝 10:00〜11:30  


  古代エジプト文明への旅ー悠久の歴史と文化       駒澤大学専任講師     大城 道則       栄中日文化センター        

約3,000年にわたり栄華を極めた古代エジプト文明。未だに発見されていない遺跡や遺物の数々、神々の神話や独特な死生観、墓の内部や神殿に描かれた美しい壁画や謎めいたヒエログラフなど、そのロマンと神秘に満ちた世界は今なお多くの人々を魅了し続けています。最新の遺跡発掘情報などを交え、古代エジプト人の世界に迫ります。4月から始まる6ヵ月講座です。    平成19年前期 第3土曜日  昼 1:00〜2:30     栄中日文化センター 


  ロゼッタ・ストーンに歴史を読む             講師:名古屋大大学院教授・周藤 芳幸

古代エジプト文明のもっとも著名な遺物の一つであるロゼッタ・ストーンは、ヘレニズム時代のエジプトにおけるギリシア系支配層と在地のエジプト神官団との政治的なせめぎあいから誕生しました。ロゼッタ・ストーンに先行する関連史料にも目を通しながら、ヘレニズム時代のエジプトの文化と社会について考えます。
 
 11月 2日  地中海文明とエジプト            11月9日   末期王朝時代とエジプト社会     11月16日   アレクサンドロス大王の東征    
 11月30日  前3世紀のエジプト在地社会     
 12月 7日  カノーポス決議             12月14日   ラフィア決議
 12月21日  上エジプト反乱とロゼッタ・ストーン
   12月28日  エジプト在地社会の考古学

    名古屋朝日カルチャーセンター柳橋教室           平成18年11月2日〜12月28日


 ハイテクで探るピラミッドの謎

  第19回アセンブリ講演会  早稲田大学教授 吉村作治

  平成18年11月27日(月)  午後2時50分〜4時20分   フジタホール2000   愛知県豊明市



岐阜県博物館マイミュージアムギャラリー平成18年度第6回展示  エジプト展覧会    〜パピルス絵画とエジプトの文化〜

平成18年11月5日〜12月10日 
 岐阜県博物館 マイミュージアムギャラリー      出展者 アブデル ラフマン エルマフムディ


 東ふれあいサロン    会場:東生涯学習センター

        世界遺産の旅     〜熊野古道からエジプト〜  講師:世界遺産総合研究所所長   古田陽久

        平成18年9月15日(金)   午後1時30分〜3時30分


  古代エジプト最強の王―ラメセス2世の時代

●講師:南山大非常勤講師・中野 智章


古代エジプト最強の王ラメセス2世は、膨大な数の建築事業と、海外列強との戦争を行ったことで有名です。ラメセス2世に関する最新の研究や発掘調査を織り交ぜながら、古代エジプト文明が最後の輝きを放った一時代を明らかにしていきます。

18/10/7から 土曜15時半〜17時半、朝日カルチャーセンター柳橋    6回会員12,600円 一般13,860円 教材費250円

  ロゼッタ・ストーンに歴史を読む

●講師:名古屋大大学院教授・周藤 芳幸

古代エジプト文明のもっとも著名な遺物の一つであるロゼッタ・ストーンは、ヘレニズム時代のエジプトにおけるギリシア系支配層と在地のエジプト神官団との政治的なせめぎあいから誕生しました。ロゼッタ・ストーンに先行する関連史料にも目を通しながら、ヘレニズム時代のエジプトの文化と社会について考えます。
18/11/2から 木曜10時〜12時、朝日カルチャーセンター柳橋     8回15,120円 教材費330円

 古代エジプト文明  ヨルダン ・ シリア へロマンを求めて         映像とともに美を語るシリーズ

 2006年7月8日(土)  (スライド映像による講演)    愛知芸術文化センター  
   講師:美術史紀行ジャーナリスト  山森理子


国際理解講座  古代エジプトロマンへの誘い

nternational Mutual Understanding Lecture Human Civilizatuionエジプト…それは、5000年前に世界で最も優れた文明を生み、現在はアフリカ最大の都市カイロを擁する国です。日本ではあまり知られていない古代から現代までのエジプトの魅力をご紹介します。今年度、最初のYIA・イベントスピーカーは、カイロ大学・大学院で歴史と考古学を専攻されたエジプト出身のMr.Ibrahim Mohamed です。早稲田大学古代エジプト調査隊として発掘・学術調査に従事し、また、古代遺跡観光ツアーガイドもされていました。発掘の際の興味深いエピソードや私たちの知らないエジプトを楽しめると思います。お見逃しなく!お話は英語となります。交流会もお楽しみに!平成18年4月9日(日)午前10時 〜 午前11時30分  (四日市市庁舎北館5階)参加費800円


古代エジプト文明への旅ー悠久の歴史と文化  駒澤大学専任講師   大城 道則

約3000年にわたり栄華を極めた古代エジプト文明。未だに発見されていない遺跡や遺物の数々、神々の神話や独特な死生観、墓の内部や神殿に描かれた美しい壁画や謎めいたヒエログラフなど、そのロマンと神秘に満ちた世界は今なお多くの人々を魅了し続けています。最新の遺跡発掘情報などを交え、古代エジプト人の世界に迫ります。4月から始まる6ヵ月講座です。 第3土曜日  午後1時
   2006年春期講座             栄中日文化センター  (名古屋市中区栄4−1−1 中日ビル4階)


古代エジプト美術の法則を探る    18年4月講座   南山大学非常勤講師  中野智章

有名なギザのピラミッドやツタンカーメンの王墓。そこには、古代エジプト文明に共通して用いられた美術の法則が隠されています。3000年もの文明を築いた古代エジプト人たちは世界をどう表現し、それは社会でどのような役割を果たしていたのでしょうか。この講座では、魅力溢れる古代エジプト文明をさらに詳しく知っていただきます。

      4月 8日 美術の始まりー文字と絵の誕生           4月22日 文様と壁画ーピラミッドとマスタバ  
      5月13日 神から人へー王はどう表現されたか         5月27日 宇宙の描写ー総本山カルナックの演出 
      6月 3日 来世の扉ー王家の谷の色とデザイン        6月17日 ギリシャ美術との衝突ー地方神殿の新表現
                                      朝日カルチャーセンター  柳橋教室


人文学部・人類学博物館  共催講演会        ピラミッドの失われた町 ギザにおけるセトルメント・アーケオロジー

  The Lost City of the Pyramids:Settlement Archaeology at Giza         マーク・レーナー博士 Dr.Mark Lehner
古代エジプト・ピラミッド研究の世界的権威が、ギザの大ピラミッド周辺で新たに発見した、当時の町について語ります。
9月27日(火曜日)16:30−18:00 DB1教室    問い合わせ:南山大学人類学博物館  協力:カイロ・エジプト学協会


名古屋ボストン美術館 特別講演会

大スフィンクスの現状   -神秘と謎を地図化するー   エジプト学者 マーク・レーナー博士
主催:カイロ・エジプト学協会、名古屋ボストン美術館  後援:エジプト・アラブ共和国大使館 文化・教育・科学部
9月25日(日)14:00〜15:30  名古屋都市センター11階 大研修所


古代エジプト文明への旅ー悠久の歴史と文化  駒澤大学専任講師 大城 道則

約3000年にわたり栄華を極めた古代エジプト文明。未だに発見されていない遺跡や遺物の数々、神々の神話や独特な死生観、墓の内部や神殿に描かれた美しい壁画や謎めいたヒエログラフなど、そのロマンと神秘に満ちた世界は今なお多くの人々を魅了し続けています。最新の遺跡発掘情報などを交え、古代エジプト人の世界に迫ります。10月から始まる6ヵ月講座です
   2005年秋期講座             栄中日文化センター  (名古屋市中区栄4−1−1 中日ビル4階)


南山エクステンション・カレッジ公開講座    2005年秋期講座

   エジプト考古学への招待    中野 智章 (南山大学非常勤講師)

1.エジプト考古学入門:3000年の文明を読み解く楽しみ      2.ピラミッドのなぞ:鍵はピラミッドの形にあり
3.世界最大の神殿:カルナックに秘められた神話の世界      4.ツタンカーメン王の時代:新発見王家の紋章が切り開く新視点
5.謎の王墓地タニスを探る:ギリシア暗黒時代を解く手がかり


  美濃加茂市民大学講座「ピラミッドミステリーを語る」 
    ◆日時:2005年7月30日(土) 13:30〜15:00
    ◆場所: 美濃加茂市中央公民館(美濃加茂市太田町3425-1)
    受講料:1講座500円(4講座1,500円)
    ◆定員:300名(先着順。市内在住・在勤者優先)
    お申し込み:6月21日(火)午前9時から市民まちづくり推進室(Tel.0574-28-1138)で受付を開始します。
      7月29日(金)までに市役所2階市民まちづくり推進室で受講料をお納めください。)

愛知県国際博推進局    フレンドシップ交流事業の概要

 「一市町村一国フレンドシップ事業」関連交流事業等について(2005年7月8日)  

    【@交流事業名A日時B場所C主催者D人数E相手国参加者F事業内容G連絡先】

      @エジプト・アラブ共和国賓客&舞踊団訪問
      A平成17年7月23日(金) 16:00〜21:00   ←23日は土曜日ですが?
      B三河湾リゾートリンクス、宮崎海岸
      C吉良町
      D1,000人
      Eエジプト・アラブ共和国賓客&舞踊団
      F歓迎レセプション、花火大会会場でのダンス公演及び花火大会見学
      G吉良町総務部総務課 平野寿夫 0563-32-1111

I−BAC  万博期間中、出展国をビジネス面でサポートする目的で、
          名古屋市内有力百貨店(5百貨店&1スーパー)にアンテナショップ(12平方メートル程度)を設置します。
            
             株式会社三越 名古屋カンパニー栄本店
     開催場所:LACHIC ラシック 名古屋市中区栄3-6-1  1F 特設会場
          6月15日〜6月21日   アンテナショップ出展国: エジプト   ハンドメイドガラス製品、  エジプト雑貨


シスターシティー・フェスティバル2005   オリエンタルダンスクラブ

日時:2005年5月28日(土) 18:30〜19:00
場所:
万博・ささしまサテライト会場 デ・ラ・ファンタジア        市民展示館&ステージ広場

      
問)名古屋市市長室国際交流課

名古屋ボストン美術館  愛・地球博記念 ボストン美術館の巨匠たち − 愛しきひとびと   展覧会関連講演会

  平成17年5月15日  名古屋都市センタ−  11階  14:00-15:30  エジプト・ブ−ムの幕開けと万国博

  - 考古学は世界に何を伝えたか -
        講師:中野智章氏
19世紀のエジプト・ブ−ムがヨ−ロッパの文化や社会に与えた影響について、当時始まった万国博覧会に絡めてお話いただきます。


発掘40年の秘話紹介   エジプト調査  平成17年5月14日  愛・地球博 長久手会場

吉村教授が講演「早稲田大学のエジプト発掘40年」をテ−マにした考古学者の吉村作治早稲田大学教授の講演会が14日、長久手会場のロ−タリ−館であった。


 公開講座  「エジプト・ギリシャを源流とする西洋美術の基本と作品の見方

17年5月13日(金) 13:30〜15:30  講師 愛知県立大学  名誉教授  遠藤恒雄   熱田生涯学習センタ−


古代エジプト文明の魅力(文協教室 芸術鑑賞講座) 

 17年4月16日(土) 14:00〜15:30  大府市役所 地下1階多目的ホ−ル

名古屋市博物館にて開催される「ル−ウ”ル美術館所蔵古代エジプト展」をより深く楽しむための講座です。


西洋ファッションの歴史 古代エジプトから現代まで     名古屋ファッション専門学校非常勤講師 奥村美智

服装の歴史はヨーロッパから由来するものがたくさんあります。貴族文化の贅沢で華麗なドレス、今の時代から見れば思わず笑ってしまうような不思議な洋服など、世界史を通して服装がどのように今の形になったのかを資料と映像を活用しながら分かりやすくお話しします。4月から始まる6ヵ月講座です。
    栄中日文化センター  (名古屋市中区栄4−1−1 中日ビル4階)   第4火曜日 昼 1:00〜3:00


ボストンとルーブルの美 −古代エジプト展のヒエログリフを読む 

      
講師:南山大非常勤講師 中野 智章      場所:朝日栄カルチャーセンター 柳橋

今春、名古屋では万博を記念した2つの古代エジプトに関する展覧会が開かれます。名古屋ボストン美術館の「ボストン美術館の巨匠たち展」、名古屋市博物館では「ルーブル美術館所蔵古代エジプト展」です。前者では一代限りで滅びたあの幻の都「アマルナ」の境界碑を、後者では長さ1mに及ぶ神話パピルスなど、魅力的な作品が多数展示されます。各作品に記されたヒエログリフを解読し、考古学や美術史などの文化的背景を紹介します。

ボストンとルーブル:各展覧会の特徴     4月9日(土)  ルーブル展:王や貴族の彫像            4月23日(土)
ルーブル展:黄金や貴石からなる装飾品  5月14日(土) ルーブル展:パピルスや石碑などの葬祭用品  5月28日(土)
ボストン展:異国ヌビアの王たち        6月11日(土) ボストン展:アマルナの境界碑に見る世界観    6月25日(土)


5万枚のスライドで見る生きた美術史    講師:二科会会員 堀尾 一郎

エジプト、シリアなどアラブの国々、メキシコ、ペルーなど中南米の国々、スペイン、イタリアなどヨーロッパの国々、中国、タイなどアジアの国々など50カ国余を30年にわたり旅し、自ら撮影した5万枚のスライドから選び出した、生きた美術史講座です。
  17/4/13から 第2・4水曜15:30〜17:30           朝日栄カルチャーセンター栄


ルーヴル美術館所蔵 「古代エジプト展」を見るために

 名古屋大学大学院教授 小川 正廣

美の殿堂、ルーヴル美術館所蔵の古代エジプト・コレクションが名古屋市博物館にて日本初公開されます。映像を見ながら、見所について歴史的・美術的な解説を聞きましょう。

   名古屋NHK文化センタ−   平成17年3月26日  土曜日  3回


エジプト展開催

 吉良町では愛知万博でのパートナー国であるエジプト・アラブ共和国に関連した写真・民芸品などを展示しますので、ぜひご覧ください。

 とき 平成17年35日(土)〜310日(木)   午前9時〜午後5
 ところ 町公民館青年研修室(2階)       問合先  役場総務課


2005年日本国際博覧会開催記念特別展

ルーブル美術館所蔵 エジプト展

平成17年3月29日〜5月22日   名古屋市博物館古代エジプトの人々に焦点をあて、その実生活や豊かな精神性、死生観などを紹介し、その実像に迫ります。

 関連イベント   【講演会】    
  
4月23日(土) 「シャンポリオンとルーヴル美術館」   鈴木まどか(倉敷芸術科学大学教授/当展監修者)
    5月 7日(土) 「古代エジプト人の美と素顔」         小川正廣(名古屋大学大学院教授)

            【展示説明会】  4月17日(日)、30日(土)  名古屋市博物館学芸員による展示説明

             ※聴講料無料、先着238名/いずれも午後2時より


  宝塚歌劇      王家に捧ぐ歌

              -オペラ「アイ−ダ」より-       脚本・演出:木村信司

                 
 2005年2月2日→24日       中日劇場

  瀬戸市末広町商店街  「クリスマス音楽会」

       オリエンタル・ダンス・クラブ

      日時: 2004/12/23(祝) 15:00〜16:00
     場所 : 瀬戸市末広町商店街特設ホール


   第9回  フロイデまつり        犬山国際観光センタ−

       
ベリ−ダンス      Arabian Angels       2004年12月11日(土)
   
    主   催:犬山市
    実施団体:フロイデ応援団・国際交流協会
    後   援:愛知県国際交流協会
    連携協力:(財)2005年日本国際博覧会協会


    第24回 安城市民大学(第2回目/全5回中
  
    ◆日時:2005年3月6日[日] 【開場】13時 【開演】13時30分 【終演】15時
    ◆会場:安城市民会館 サルビアホール(愛知県安城市桜町18-28)
    ◆聴講料:2,500円(他4講座含め、5講座分です。1講座ごとの申込はできません)

    ◆申込期間:11月20日(土)9時〜11月30日(火)17時
    ◆吉村作治さん(早稲田大学教授) 「ピラミッドミステリーを語る」
    ◆お問合せ:安城市文化センター


   ワ−ルド・コラボ・フェスタ 2004

       平成16年10月30日  オアシス21

    ステージVダンス・ダンス・ダンス/17:00〜17:30

       World Peace 【名古屋オリエンタルダンスクラブ】

   主催:(財)愛知県国際交流協会/(財)名古屋国際センタ−/JICA中部

  Ohsu Street Performing's Festivals
   
第27回  大須大道町人祭
    
ベリ−ダンス   ARCAMARANI アルカマラーニ

  ■平成16年10月16日(Sat)、17日(Sun)
    Place:名古屋大須観音境内および、その周辺の商店街
    Performance:MAHA&アルカマラーニダンサーズ

   名古屋市中区大須3-38-9        大須商店街連盟


   コプト「忘れられた文化」    公開特別講座

 イスラム教の国エジプトの人口約7千万人の1割は、キリスト教信徒です。コプト教と呼ばれる、初期キリスト教時代から伝わるエジプトの特徴あるキリスト教宗派に属しています。民族的には、コプト人と呼ばれ、古代エジプト人の子孫です。もちろんその長い歴史の中で、ヘレニズム思想、キリスト教、アラブイスラム文明など様々な文化の影響を受けてきました。しかし彼らのアイデンティティーはあくまでもコプト文化、コプト教にあるのです。イスラム杜会の中で生きるコプト人の経験は中東間題など現代世界の抱える様々な問題を考える際に、少なからず示唆を与えてくれるに違いありません。今講座では、2回にわたってコプト人とコプト教の歴史を敢り上げ、現代に息づく、彼らの「忘れられた文化」を紹介します。

■講師   南山大助教授  ウオルター・ダンフイ      ■会場   柳橋教室
■日時   312()15:3017:00  テ-マ『エジプト人からコプト人へ』
     
326()15:3017:00   -マ『コプト教文化と美術の特徴』


  古代の七不思議

 古代の昔、東地中海には数々の驚傍すべき建造物が建てられていました。そうした建造物の代表的なものを紀元前二世紀の学者が「七つの驚傍すべき(不思議と語釈された)建造物」として本に書きました。この講座では、そうした建造物を作った人間の精神や文化のあり方を探ってみたいと思います。

    ◇講師  岐阜大学教授 小澤克彦           ■会場   柳橋教室

          10月15日  エジプト、ピラミッドの謎
          10月22日  アレキサンドリア「ファロスの灯台」  その他        


公開特別講座   古代エジプト美の遺跡を訪ねて    平成16年10月

3
大ピラミッドで知られるギザや、王家の谷を擁するルクソール。しかし、エジプトにはまだまだ必見の遺跡が数多くあります。この講座では、近年、観光が解禁された中部エジプトの迫跡を中心に、さらに一歩踏み込んだ、エジプトの飽くなき魑カを紹介する予定です。エジプト人の心の故郷とされ、騒も美しい浮き彫りを持つことで知られるアビドスや、一代限りで滅びた幻の都アマルナ、また、クレオパトラの壁画を残すデンデラなど、古代エジプトの美を存分に堪能します。

◆中部大非常勤講師     中野智牽        ◇日時とテーマ     いずれも15時半〜17時
 
10月 9日(士)    『アビドス』オシリス神の聖地
11月13日(士)     『デンデラ』クレオパトラ夢の跡て
12月11日(士)    『アマルナ』ネフェルティティの幻の都
 1月 8日(士)    『ベニ・ハッサン』世界最古のレスリング壁画
 1月22日(士)    『テーべ』メディーナの墓づくりびとと 『死者の書』
 2月12日(士)    『サッカラ』セラペウムに残る動物信仰の謎


エジプト発掘40周年記念
   エジプト吉村作治世界展

   
2004年8月11日(水)〜16日(月)
   松坂屋本店7階大催事場    
                                              名古屋市中区栄3-16-1


  ▼開場時間           午前10時〜午後7時30分(最終日は午後6時閉場)
  入場料             一般・大高生600円/小中学生400円/小学生未満

  愛知万博地域連帯プロジェクト事業

  フレンドシップ国「エジプト・アラブ共和国」記念講演
           講師    早稲田大学教授吉村作治さん
           演題    「エジプト発掘の魅力」
           期日    平成16年6月13日(日)
                   午後2時〜3時30分
           会場    吉良町農村環境改善センタ−

オペラエジプトのジュ−リオ・チェ−ザレ   G.F.ヘンデル作曲

   2004年6月15日(火)  PM 6:30開演        名古屋市熱田区文化小劇場
      主催/青の会  後援/愛知県・名古屋市


    ファラオの食卓 〜エジプト食物語〜

    ― 朝日大学 岐阜歯科学会30周年記念 公開講演会 ―

 
  ■  日時:2004年5月30日(日)   開場12時30分/開演13時30分(15時終演予定)
   ■  会場:長良川国際会議場 メインホール「さらさ〜ら」(岐阜市長良2695-2)
   ■  費用:無料
   ■  
お問合せ先    朝日大学歯学部内 岐阜歯科学会事務局 Tel. 058−327−7632

公開特別講座       人物から見る古代エジプト史       平成16年4月

古代エジプト史の著名な人物を、象形文字ヒ工グリフや遺跡、遺物を通して紹介し、そこから人類史上最長の文明とされる、古代工ジプトの歴史について考えまず。
中部大学非常勤講師 中野智章   日時とテーマ いずれも15時半〜1了時

4月10日(土) エジプトを初めて統一した「ナルメル」
4月24日(土〉 階段ピラミッドを設計した大建築家「イムヘテプ」
5月 8日(土) エジプト文学史上、最も著名な人物「シヌヘ」
5月22日(土) 悲劇の少年王「ツタンカ−メン」と父「アクエンアテン」
6月12日(土) 古代エジプト最強の王「ラメセス2世」
7月 3日(土) エジプト文明最後の輝き「クレオパトラ」
                                               朝日カルチャ−センタ−柳橋


平成16年4月期 講座案内     古代エジプト・王都物語 
 
 〜第18王朝を中心に〜     愛知みずほ大学教授 森際眞知子

古代エジプトの歴史や文化を都の遺跡や物語などで探ります。
主に18王朝の責族の壁画や碑文から、古代エジブトの都市がその文化の醸成にどのように関わったかをみていきます。

【日時】@B木曜 10:30〜1200 【受講料】6カ月(9回)18,900円

   NHK放送センター栄教室

ウィーン美術史美術館コレクション
【神と人とファラオ 古代エジプトの美】 2004年2月14日(土)⇒4月4日(日)
 三重県立美術館

オーストリアのウィーン美術史美術館は、ハプスブルク家歴代の皇帝が蒐集した膨大な美術品を誇る、古都ウィーンに相応しい規模と風格を備えた世界有数の美術館です。本展覧会は、その質量ともに最高級のコレクションの中から、特にエジプト美術に焦点をあて、総館長であり古代エジプト学の権威として名高いヴィルフリート・サイペル博士の指揮の下、同館スタッフが総力をあげて取り組んだプロジェクトであり、約4000年にわたって育まれた古代エジプト文明が持っていた多様な側面を140点あまりの貴重な展示物にてご紹介するものです。それらの時を越えた輝きは、地理的にも歴史的にも遠い世界に生きる私達に、王権や神官層といった社会構造を明らかにし、宗教や信仰といった精神世界の深さを知らしめ、さらには当時の人々の日常生活までも垣間見せてくれるに違いありません。永遠の生を目指した古代エジプト文明に思いを巡らせ、古代エジプト美術の精華を堪能していただけるまたとない機会になることでしょう。

観覧料=一般1100円<900円> 高・大生900円<700円> 小・中生600円<400円>

      NPO法人文化共同ネット、財団法人かすがい市民文化財団共催事業

  ANTONY AND CLEOPATRA

        
アントニ−とクレオパトラ

平成16年1月12日 (月 祝)           午後1時30分開演

春日井市民会館     出演   栗原小巻  津嘉山正種

平成15年10月期 講座

  古代エジプト・王家の物語

      〜 エジプトの華・アマルナ時代 〜        愛知みずほ大学教授  森際真知子

   木曜日  10;30〜12:00  NHK 文化センタ−栄教室

古代エジプトの神話と神殿  ◆講師 日本オリエント学会会員・文学博士  中野智章

平成15年
10月11日   古代エジプトの神々と神話            10月25日   オシリスの神殿としてのピラミッド
11月 8日   葬祭都市テ−ベはどう設計されたか       11月22日   外国人の王が利用した神話と神殿
12月 6日   ギリシャやロ−マに渡ったエジプトの神々    12月20日   現代に甦る古代エジプトの神々と神殿

◆会場    朝日カルチャ−センタ−   柳橋教室

    映像による芸術入門シリ−ズ 第4回 「古代エジプト文明にロマンを求めて」

   
   講師:山森理子(美術史紀行ジャ−ナリスト)    平成15年7月21日(月) ・ 8月3日(日)  

      午後2時〜     定員60名    受講料   1000円 
  

 
問い合わせ:美術史研究会      愛知芸術文化センタ−  ア−トスペ−ス


◆ 見晴台考古資料館の催し ◆

  映画会 世界遺産エジプト】    平成15年6月21日(土)  

    
午後2時〜。 対象は、小学生以上、80人。先着順。無料

 エジプト友の会       エジプトのお話し

 
ピラミッド・ツタンカ−メンなどエジプトを紹介します。初級程度のお話です

平成15年6月14日(土)  午前10時〜11時30分 名古屋国際センタ− 第3研修室

 べり一ダンス     一日体験     ◆講師   エルメスダンススク−ル  マリ

新講座開講に合わせて、1日体験日を設けました。初心者から指導しますので、お気軽にご参加下さい。
ベリ一(=おなか)ダンスとは、古代工ジプトで発祥し、腹部を中心に肩や胸、腰などを動かずダンスです。年齢に関係なくどなたでも始められ、シェイプアップにも効果的です。

☆教室   柳橋教室          ☆とき4月3日(木)19:00〜20:00    

朝日カルチャ-センタ-
       2003,4

 べり一ダンス    4月新講座     ◆講師   エルメスダンススク−ル  マリ

ベリーダンスとは、古代エジプトで発祥したダンスです。ベリーダンスの特有な動き(体の各部を別々に動かす)を基礎から丁宰に教えます。ダンス経験のない方でも気軽に始められ、体に無埋のない動きで年令、体形に関係なく楽しく踊ることができ、シェイプアップにも効果があります.おなか(=ベリ一)を使った動きが主なので、内臓、子宮にとても良く、女性に特におすすめです。あなたもアラビアンナイトのエキゾチックな世界に浸ってみませんか。


☆教室  柳橘教室      ☆とき  第2・4木曜日  19:00〜20:00

朝日カルチャ-センタ-
       2003,4

   魅惑のベリ−ダンス (女性限定)  エルメスダンス スク−ル インストラクタ− mari (高橋真理子)

   水曜日  18:20〜19:30     水曜日  19:50〜21:00
   毎日文化センタ−  2003.4 〜 

 美と健康のベリ−ダンス        エルメスダンススク−ル講師  MAR

エキゾチックで優雅なベリ−ダンスを初歩から指導します。体にやさしい動きなので、ダンス初心者も安心して習えます。

水曜  11:00〜12:00
NHK   名古屋文化センタ−     栄教室
   平成15年4月期

特別講座        遺跡に隠されたヒエログリフの謎

近年、一大プームを巻き起こしている古代エジブトの象形文字、ヒエログリフ。今から約5000年前に発明されたこの文字は、表音と表意の双方の機能を持ち、驚くほど豊かな表現力を兼ね備えていました。この講座では、その複雑な文法を分かりやすく説明しながら、エジプトの著名な遣跡に記されているヒエログリフの数々を皆さんと共に読み、3000年に及ぶ人頬史上最長の文明を打ち立てた、古代工ジプト人の生きた時代を旅していきます。 日本オリエント学会会員・文学博士   中野智章
   4月12日(土)最古の王墓地アビドス       ヒエログリフの起源をさぐる
   4月26日(土)サッカラとギ           ピラミッドに残された文字の意味は?
   5月10日(土)南の要衝アスワン              墓に刻まれた地方豪族の自叙伝
   5月24日(土)国家の大神殿カルナック      歴代の王は何を記したのか
   6月14日(日)ツタンカーメンの眠る王家の谷    王墓を彩る数々の呪文
   7月 5日(土)知識の宝庫デンデラ神殿         古代エジプト人の考えた宇宙とは
◆会場    柳橋教室                     朝日カルチャ-センタ-       2003,4

4月新講座    前後左右史から探る  クレオパトラの実像  元光陵女子短大講師    那谷敏郎

4月 4日              サハラとナイル、古代工ジプト諸王国の成立とその性格、“世界の穀倉”たる資源
    18日              アレクサンドロス3世(大王)遠征、アレクサンドリア市設計、プトレマイオス王朝
5月16日              古代エジプト王朝的性格、同王朝初期の繁栄(図書館・灯台)、末期の腐敗と混乱
    30日              ローマの容嘴、前期三頭政治と周辺国、エジプト内政との複雑な関係
6月 6日              クレオバトラ7世とプトレマイオス14世との姉弟婚による王位継承と軋轍
    20日              カエサルのアレクサンドリア入り、クレオパトラ7世の劇的出現と提携
7月 4日              クレオパトラとカエサル、第一濠流までの豪華な川船による新婚旅行
    18日              カエサリオン誕生、カエサルのロ一マ帰還、クレオパトラのローマでの生活
8月 1日              カエサルの暗殺によるクレオパトラの帰国、女王の忍耐時代、未来への構想練り
    29日              後期三顕政治、東方分担のアントニウスと小アジアにおけるクレオパトラの会見
9月 5日              アントニウスとの蜜月時代、オクタヴィアヌスとの対決、アントニウスの性格
    26日              オクタヴィアヌスとの対決、アクティオンの海戦と工ジプト艦隊、誇り高き死

  栄 教室       1・3金曜日    15;30〜17:00     朝日カルチャ-センタ-       2003,4


   4月期新設講座 古代エジプト・王家の物語   〜18王朝の光と影〜
 
     愛知みずほ大学教授   森際眞知子      @B木曜10:30〜1200

ピラミッドや神殿・黄金の宝飾品…古代エジプト王家の栄華は私達をロマンの世界に誘います。
ツタンカーメンやトトメス王らの登場する18王朝を中心に、王朝の歴史・言仰・文
化を探ります。

   古代エジプトの基礎知識   首都と時代区分、信仰、ヒエログリフほか
  18王朝 歴代の王       ツタンカーメン王・トトメス王・ハトシュプスト女王、アクナートン・・・
    信 仰                  カルナック神殿・ルクソール神殿・アメン信仰からアテン信仰ヘ
   美術品・パピルス文書・ミイラが物語るもの  
 
NHK   名古屋文化センタ−         栄教室   平成15年4月期

エジプト友の会       エジプトのお話し

日本出発からピラミッド・ヒエログリフなど、友の会ホ−ムペ−ジを含めエジプトを紹介します
  初級程度のお話です。     平成15年3月29日(土)  午前10時〜11時30分
 
名古屋国際センタ− 第3研修室    入場無料        先着50名

 ピラミッドの謎   「ピラミッドミステリ−を語る」   吉村作治 早稲田大教授  

  平成14年11月27日  午後4時  名古屋市西区桶の口町  
 
ステンナゴヤキャスル   入場無料      主催 : 県韓国人経友会


  大型映像を100倍楽しむ会    「ピラミッドミステリ−を語る」

  
エジプト調査の現場から、その神秘の世界を紹介、講演後、大型映像「ミステリ−ズ・オブ・エジプト」を観覧

    講師:吉村作治氏(早稲田大学教授(工学博士)・同エジプト学研究所長

  平成14年9月28日(土)   13:00〜15:40(講演)
  豊橋市自然史博物館ダイナビジョンシアタ−


5000年の時を超え・・・・・・ 巨大スクリ−ンで、エジプト古代遺跡の神秘に迫る!   
 MYSTERIES  OF        
 E G Y P T 
          ミステリ−ズ・オブ・エジプト 
                

  上映期間:2002年9月28日(土)〜2003年3月30日(日)    
 豊橋市自然史博物館ダイナビジョンシアタ− 入場料(大人) 500円

     

    秋期新講座      早稲田大学オ−プンカレッジ遠隔講座  (衛星通信)      
        
        古代エジプト「王家の谷」を考える    講師      早稲田大学文学部助教授      近藤二郎

  10月 2日  王墓の変遷               10月 9日  王家の谷の成立
  10月16日  ツタンカ−メン王墓の発掘      10月23日  王家の谷解体
  11月 6日  現在の王家の谷 

  水曜   14:40〜16:10    5回  7.000円  朝日カルチャ−センタ−     柳橋教室


  吉村作治早大教授エジプトを語る・発掘体験ツア−発表

   ■講演会:2002年10月16日(水)      ■会場:名古屋・愛知芸術文化センタ−  ■時間:11:00〜12:00


      
株式会社ワ−ルド航空サ−ビス


 一 早稲田大学オ-プンカレッジ遠隔講座 開講1周年記念 一   特別講演会のお知らせ    「エジプト文明論」

 ・講 師    早稲田大学教授  吉村 作治           ・日 時    2002年3月19日(火) 14:00〜16:00

 ・定 員    60名   ・受講料    1、000円(消費税込み)   朝日カルチャ-センタ-  柳橋教室


いちのみや    市立豊島図書館        エジプトの暮らし展 

       2002年(平成14年) 2月1日〜2月24日

                     加藤道隆


名古屋ボストン美術館「ピラミッドの時代」と          吉村作治先生ト-ク&デイナ-

期間限定!名古屋ボストン美術館特別展「ピラミッドの時代」展を見学します。

  開催日:2002年1月19日(土)              参加費:お1人様¥9,800円

 (名古屋ボストン美術館見学費用、イベント参加費用、夕食代、税金込み)

  参加資格:ピラミッドクラブ会員                     企画:アケ


レクチャ-シリ-ズ                    2002年1月13日(日)・27(日) 午後2時〜3時30分

古代エジプトを多角的に見るための連続講座を開催します。今回は2回にわたり、考古学と美術の観点から古代エジプトについてお話いただきます。

第1回 エジプト考古学の変革者:ライズナ-が明らかにしたピラミッド時代      第2回 エジプト美術入門:古代エジプトに「美術」は存在したか?

【講師】中野智章氏 (日本学術振興会特別研究員/文学博士[南山大学]         名古屋ボストン美術館


ボストン美術館の至宝              ピラミッドの時代               2001年9月15日(土・祝)→ 2002年2月3日(日)

名古屋ボストン美術館                     世界の名宝「メンカウラ-王と王妃立像」を日本で鑑賞できる最初で最後の機会


▲▲▲ ホ-ムに戻る ▲▲▲